おだやか日記

末期がんの緩和ケアの薬物療法

おだやか診療所です。

本日は末期がんの緩和ケアのうち、痛みやその他の症状に対する薬物療法について書いてみます。

痛み

癌による痛みについては、NSAIDs→弱オピオイド→強オピオイドというパターンが確立されています。

NSAIDsには「カロナール」「ロキソニン」「セレコックス」「ボルタレン」などがあります。

弱オピオイドには、「リン酸コデイン」「トラマール」などがあります。

強オピオイドには、「モルヒネ」「オキシコンチン」「フェンタニル」があります。その他「タペンタドール」「ヒドロモルフォン」などもあります。なお、強オピオイドを使用する場合、定期的に使用する薬と、痛みが突発的に出た時に使用する、レスキューと呼ばれる薬を用います。

強オピオイドは便秘や吐き気などの副作用がありますので、使用する際には最初から制吐薬、便秘薬を併用します(ただし、患者さん本人の状態や症状などによって投与するかどうか判断します)。

 

骨転移による痛みには、「ランマーク」「ゾメタ」などを使用します。

 

電撃的な痛み(ビリビリ!とくるような痛み)には抗てんかん薬などを使用します。「リリカ」「テグレトール」などです。

鈍い痛みには、抗うつ薬の「サインバルタ」「トリプタノール」などを使用します。

嘔吐

通常の嘔吐や嘔気であれば「プリンペラン」「ナウゼリン」などを使用します。

腸閉塞による嘔吐の場合は、ステロイドである「リンデロン」「デカドロン」、胃薬「ガスター」「オメプラール」など、ソマトスタチン、ブスコパンなどを使用します。

なお、抗がん剤による嘔吐には「セロトーン」などを用います。

呼吸器

呼吸困難間にはステロイド、モルヒネ、在宅酸素療法などを行います。その他に抗不安薬、抗けいれん薬なども使用します。(ソラナックス、セルシン、アタラックス、背にラン座薬、ダイアップ座薬、ワコビタール座薬など)。

咳に対しては、リン酸コデイン、モルヒネを使用します。

痰については、ブスコパン、ハイスコなどを使用します。

せん妄など

せん妄に対しては、向精神薬(セロクエル、リスパダール、セレネース、コントミンなど)やベンゾジアゼピン系の薬(アタラックスP、ブラチゾラム、セニラン、サイレース)などを使用します。

倦怠感、食欲不振

倦怠感や食欲不振にはまずステロイドを使用します。また、プリンぺ欄が効果があることも。

腹水、胸水

点滴をやめることがまず行うべきことです。

利尿剤はあまり効果がなく副作用も多いですが、試してみてもいいかもしれません。

ステロイドが有効なこともあります。

まとめ

まだまだ様々な症状やそれに対応する薬物療法があります。このように末期がんの様々な症状に対し、どの薬物を選択するかについてはほぼ決まっています。これは、認知症診療との最大の違いかもしれません。

人生の最期に苦しみたくないのは誰もが同じです。そのため、特に苦しむことが多い末期がんの緩和ケアについてはかなり研究がすすんでいます。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP